アートボードの作成と見本デザインの配置

アートボードと作成方法

この記事はこんな方におすすめ

  • IllustratorやPhotoshopでのアートボードの作り方がイマイチわからない
  • デザイントレースの始め方がわからない

デザインの勉強方法の一つとして、「見本デザインをトレースする」という方法があります。

そのトレース時に、そもそも見本デザインをどう配置したらいいのかわからないという方もいると思います。

そんな方のために、アートボードの作成方法と見本デザインの配置方法を
IllustratorとPhotoshopの両方を解説します。

ここではデザインのドリルのデータを用いて解説します。

目次

アートボードの作成と見本デザインの配置方法

Illustratorの場合

Illustratorを起動させたら、「新規作成」とクリック。

アートボードと見本デザインの配置方法について

幅と高さを指定する。単位は基本的に「mm」
設定できたら「作成」をクリック。

アートボードと見本デザインの配置方法について

これでアートボードが完成です。

アートボードと見本デザインの配置方法について

あとは、PC内に保存してある見本デザインを
ドラッグ&ドロップしつつ、アートボードをクリックし配置。

アートボードと見本デザインの配置方法について

整列パネルで位置を調整したら見本デザインの配置は完了です。

アートボードと見本デザインの配置方法について

見本デザインにはロックをかけておきます。

新規レイヤーを追加してからトレースを始めましょう。

パーツごとにレイヤーを分けておくと整理されて見やすくなります。

アートボードと見本デザインの配置方法について

Photoshopの場合

Illustratorと同様、新規作成からアートボードを作成してもいいですし、下記の方法でもできます。

PC内に保存してある見本デザインを右クリックし、
「このアプリケーションから開く」→「Photoshop」を選択。

アートボードと見本デザインの配置方法について

見本デザインが開きました。

アートボードと見本デザインの配置方法について

Windowsの場合

見本デザインのデータを右クリックし、「情報を見る」を選択。
ファイルの情報を表示するウインドウが開くので、
その中の「このアプリケーションで開く」→「Photoshop」を選択して開いてください。

見本デザインが開いたら、そのまま上からトレースしていきます。

レイヤーは、⌘(Ctrl)+ G でこまめにグループ化しておくと、
レイヤーが整理され見やすくなるのでおすすめです。

まとめ

アートボード作成と見本デザインの配置は基本中の基本部分なので、ぜひ覚えましょう!

ここからいよいよトレース!ファイトです〜〜〜〜^^

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる