Webデザインを勉強するのに必要なパソコンは?選び方やおすすめのMac製品を安く購入する方法をご紹介

Webデザインを勉強するのに必要なパソコン

Webデザインの勉強がしたい!と思った時、まず必要になるのがパソコンです。

パソコンを購入する際にどのパソコンを買ったらいいのかわからないや、すでにパソコンは持っているけど、昔買った古いパソコンは使えるかな?と心配されている方もいるかもしれません。また、なるべく安くパソコンを購入したい…という方もいると思います。(私もそうでした!)

今回はそんな方のために、Webデザインに必要なパソコンのスペックやMacとWindowsだとどっちがいいのか?をご紹介した上で、私のおすすめのパソコンと少しでも安く購入する方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

この記事を読めば、あなたにぴったりのパソコンがきっと見つかりますよ♩

目次

Webデザインに必要なパソコンのスペック

まずは、Webデザインをするのに最低限必要なパソコンのスペックからご紹介します。

結論から言うと、下記の通りです。

最低限必要なスペック
  • CPU : インテル Core i5以上 または M1チップ
  • メモリ : 8GB以上 (おすすめは16GB)
  • ストレージ : 250GB以上

パソコンに詳しい方なら、これをお伝えしただけで「ふむふむ、了解!」となるかもしれませんが、パソコンに全く詳しくなかった私は「CPU?ストレージ?メモリはなんとなくわかるようなわからないような…」という感じだったのでw パソコン初心者の方でもわかるように一つずつ説明していきますね!

CPUはCore i5以上がおすすめ

CPUとは、パソコンの「頭脳」と言われている部分になります。人間も頭の回転が早い人は作業効率がいいですが、頭の回転が遅い人は作業も遅かったりしますよね…。また、一人で作業するより二人三人で作業した方が早いですよね。CPUも同じで、性能が高いほどデータの処理スピードが上がり、パソコンがサクサク動きます。ただ気をつけたいのが、CPUの性能が高くなるほど価格も高くなるということです。パソコンでどんな作業をするのかによって、必要なCPUの性能を選ぶと良いでしょう。

・ネットを見るためだけにパソコンを使う → 性能が低いパソコンでもOKかも◎
・動画を編集したい → 性能が低いパソコンだと動作が重くて作業が全く進まないのでNG×

CPUのメーカーには「Intel」と「AMD」と「Apple社独自のもの」と3つあります。その中でも「Intel」と「Apple社」の違いを見ていきましょう。

インテルのCoreプロセッサー「Core i〜シリーズ」について

CPUの中でも「Core i〜」と記載されているものが多くのパソコンに搭載されているIntelのCPUになります。Core i〜の読み方は「コアアイ〜」です。こういう英語表記ってなんて読むのかわからず、お店で店員さんにちゃっかり訂正されるときが一番恥ずかしいですよね…(経験者)Core i3、Core i5、Core i7、Core i9などと記載されており、基本的に数字が大きいほど性能が高いです。

Webデザインをする時は、Photoshop・Illustrator・エディター・その他のソフトなどを同時に使うことも多いので、最低限必要なCPUの性能としてCore i5以上をおすすめします。

私もCore i5を使っていますが、問題なく作業できていますよ◎

Webデザインに加えて動画編集もやりたい!と言う方は、Core i7の方が安心かと思います。

Apple社の「M1チップについて」

2020年11月にApple社が独自のCPUであるM1チップは発表しました。これにより以前までIntelのCPUを搭載していたMacですが、最新のパソコンにはM1チップが搭載されるようになりました。M1チップは8コア以上ということなので、IntelのCore i7よりも高性能なようです。実際に使っている方の口コミを見ていても、とくかくサクサク動く!という意見が多いです。

ただし、M1チップでは機能しないソフトなどもあるようで、使いたいソフトとM1チップとの相性を事前に確認したほうが良さそうですね。Webデザインでよく使うAdobeのソフトはなどは概ね対応が完了しているそうで、問題なく使えているとのことです。

こちらのサイトにM1チップに対応しているソフトなどがわかりやすくまとめられていたので載せておきますね。
Apple Silicon M1へのアプリ対応状況まとめとネイティブ対応しているか確認する方法

メモリは8GB以上!できれば16GB

メモリは◯◯GB(ギガバイト)と数字で表記されますが、数字が大きいほどメモリが大きいと言うことになります。メモリが大きいということは、それだけ色んな作業を同時にできるということになります。

例えば、YouTubeで音楽をかけて、友人とzoomしながら、Photoshopで写真の加工をし、Illustratorでチラシを作くるという状況があったとします。(こういう状況はあまりないと思いますが笑)

このときパソコン上では、

  1. YouTube
  2. zoom
  3. Photoshop
  4. Illustrator

と同時に4つのことが行われている状態です。

複数のことを同時に作業するとメモリが不足してきます。メモリが不足するとソフトの起動に時間がかかったり、起動しても動作が重くて作業が進まなかったり、最悪の場合パソコンがフリーズします(泣)メモリは後から増設することもできるそうなのですが、メモリを新しく買ってドライバーでパソコンの蓋を開いて…大変そうですよね。(メモリを増設できないパソコンもあるそうです)

私は16GBのパソコンを使っていますが、Photoshop・Illustrator・ネット・Slack・YouTube・その他のソフトなど同時に開いて作業することが多いのですが、フリーズすることはありません。たまーにパソコンが熱くなって悲鳴をあげていますが笑

Webデザインのみであれば16GBもあれば安心かな!という感じです。ただしメモリの容量もパソコンの価格に影響するので、予算に合わせて8GBを検討するのもありだと思います◎

ちなみに動画編集もしたいという方は16GBでも足りないと思うので、ご注意くださいね。

ストレージは250GB以上

ストレージもメモリと同じで◯◯GB(ギガバイト)と表記されます。メモリは同時に作業できる量だったのに対して、ストレージはパソコンの中に保管できるデータの量になります。写真や画像、音楽、動画、書類、アプリなどのデータをどのくらいパソコンに保管できるか?ということですね。ストレージが足りなくなってくるとパソコンが動きが遅くなってくる原因にもなるので、買うときに確認しておきたいポイントです。

クラウドサービスの利用も検討してみる

ストレージは後からでも簡単に増設することができますし、データはGoogleドライブなどのクラウドサービスを使ってネット上で保管することもできます。自分のパソコンの中で全てのデータを保管するとなるとストレージの容量が沢山必要になりますが、ネット上に保管すればストレージの負担を軽くすることができます。

おすすめのサービスとして、データ量が多くなってしまいがちな写真はGoogleフォトを使ったり、書類などはGoogleドライブを使うのがおすすめです。これらのクラウドサービスは基本的に無料から使うことができ、データ量に応じて有料になり金額が上がっていきます。

クラウドサービスの便利なところは、ネットに接続するさえできれば自分のパソコン以外からもデータを見ることができるという点です。自分のパソコンが万が一壊れてしまった際に、パソコンにデータを保管しているとデータごと壊れて消えてしまいますが、ネット上に保管したデータであれば消えることはなく、新しく買ったパソコンからアクセスしてデータを閲覧することができるのです。

ちなみに私の場合はこんな感じでデータを管理しています!

・ストレージ500GBのパソコン
・Googleフォトで写真を保管
・Googleドライブで書類などのその他のデータを保管
・Googleドライブは100GBまで使えるプランで毎月240円支払い

実際の利用状況はこんな感じ

・パソコンのストレージは500GB 中/現在185GB 利用中
・Googleドライブは100GB 中/50GB 使用中

パソコンのストレージが250GBだったとしても余裕がありそうです◎ ストレージは250GB以上、予算に余裕があれば500GBだとなお安心という感じになりますね。

WebデザインにおすすめのパソコンはMacとWindowsどっち?

Webデザインに必要なスペックについてはわかったけど、じゃあMacとWindowsだとどっちの方が良いの?と疑問に思う方も多いですよね。MacかWindowsか論争には、さまざまな意見があります。デザイン業務にはMac一択!という意見もいれば、会社によってはWindowsを使っているところもあったり。MacもWindowsもそれぞれにメリット・デメリットがあります。一概に100%〇〇の方が良い!ということは言えないので、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で自分にとってより使いやすそうだなと思うものを選びましょう。

Macのメリット・デメリット

Macのメリット

・高品質な有料フォントも最初から多く搭載されている
・モニターが高解像度なので表示が綺麗&色の発色も良いRetinaディスプレイを搭載
・Mac製品同士の連携が便利(AirDrop機能でiPhoneなどに簡単にデータを送ることができるなど)
・Windowsとしても使うことができる
・見た目がかっこいい

Macは、最初からフォントの種類が多く搭載されており、モニターが高画質で綺麗に表示されるため、デザイン作業をする上で優秀なパソコンと言えるでしょう。iPhoneを使っている方はAirDrop機能を使って簡単にデータの送受信を行うことができるのも嬉しいポイントです。あとは何といっても見た目のデザイン性がかっこいいのも魅力の一つです。私は、Macを持って素敵なカフェで仕事がしたいな〜と憧れていました。笑)

これだけ見るとMacは欠点がなさそうに思えますが、デメリットももちろんあります。

Macのデメリット

・他のパソコンに比べると価格が割高
・Macユーザーがまだまだ少ない
・MacのモニターとWindowsのモニターとでは表示に差がある
・Windowsに慣れている人はMacの操作に慣れるまで少し大変かも?

そもそもデザイン業務以外で世間一般的にみて、MacとWindowsどちらのパソコンの方が使われているのかというと、圧倒的にWindowsユーザーの方が多いです。

今までWindowsを使ってきてWindowsに慣れている方だと、Macの操作に慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。とはいえ、ここは個人差があると思います。私もWindowsしか使ったことがなかったのですが、どうしてもMacが欲しくて買いました。MacとWindowsとでは、使い勝手がかなり異なることは知っていたのでビクビクしていましたが、使い始めてから数日で慣れました。そもそもMacは感覚的に誰でも使えるようなデザインを意識して作られているので、特段新しいことを覚えるのが苦手、慣れ親しんだものでないと無理!という人でない限り、問題ないかなと個人的には思います。逆にWindowsしか使ったことないからこそ、Macも使えるようになりたい!という考えもあるかもしれませんね。

ただ、先ほど世の中の人のほとんどがWindowsユーザーですよ〜とお伝えしましたが、それはつまりクライアントもWindowsユーザーであることがほとんどということになります。Macで素敵なWebデザインを作っても、それを見るのはWindowsユーザーということです。

Macのメリットとして、モニターが高解像度で綺麗に見えるよ〜とお伝えしました。Macでデザインを作るときは高解像度なので綺麗に見えるんです。でも納品先のクライアントはMacではなくWindowsなので、Macのモニターで見ていたように綺麗には見れなかったりするのです。色味の発色も異なるので、なんか色が微妙に違う…ということが起きたりします。なので、最初からクライアントのパソコンと同じ環境であるWindowsでデザイン制作したほうが良いのでは?という意見もあります。

また、クライアントがWindowsだと、データのやりとりなどでWindowsからMacに送ったり、MacからWindowsに送る際にデータが文字化けを起こしたり、見れなかったりすることもあります。クライアントにもご迷惑ですし効率が悪いですよね…。ただこういったトラブルが起きないように、データを変換してくれるような無料のソフトもあったりするので、私の場合は普段そういったソフトを使っています。

MacとWindowsとでは同じ性能のパソコンでも比較的Macの方が価格が高い傾向にあります。(M1チップの登場でMacの価格も大分安くなりましたが)

Windowsのメリット・デメリット

Windowsのメリット

・世間一般ではWindowsユーザーが圧倒的に多い
・比較的安価
・Excel、Word、PowerPointなどのソフトが最初から搭載されていることもある

先ほどもお伝えしましたが、世の中では圧倒的にWindowsユーザーが多いです。それはクライアントがWindowsユーザーであることがほとんどであることを示しています。また、ExcelやWordなどのソフトを使う方にとっては、Windowsは最初から入っていることが多いのでありがたいですね。

ちなみに、MacにはExcelやWordなどは入っていないので必要な場合は有料で購入する必要がありますが、一応MacにもExcelやWordの代わりになるようなソフトは入っています。

Excelの代わり→ Numbers
Wordの代わり→ Pages
PowerPointの代わり→ Keynote

これらのソフトを使って同じような作業をすることが可能です。ただ使い勝手はもちろん異なるので、Excelなどに慣れている方はちょっと使いづらいかもしれませんね。

そしてMacよりもWindowsの方が比較的安いのもメリットです。

Windowsのデメリット

最初から搭載されているフォントが少ない

デザイン業務を行う上でフォントは重要な要素ですが、そのフォントの種類が少ないです。ただ、Adobeフォントなどのサービスを使ったり有料フォントを購入することでフォントは増やすことができます。

最初から有料フォントも搭載されている少し高いMacを買うか、Windowsを安く買って有料フォントを後から購入するか悩むところですね。ちなみに有料フォントは、物によりますが1~3万円ほどします。

結局MacかWindows、どちらを選ぶべきか

MacとWindows、それぞれのメリットデメリットを見てきましたが、皆さんはどう思いましたか?

何度も言いますが、どちらを選んでもメリットデメリットはあります。MacとWindowsのメリット・デメリットを検討した上で、あとは最低限のスペックさえ満たしていれば良いと思うので、自分が欲しいパソコンを買いましょう◎

ちなみに私は最終的にMacを買いました♡ 理由としては、、

・Macのデザインがかっこよくて憧れていた
・高くてもMacが欲しいと思っていたのでお金を貯金して貯めることができた
・Windowsしか使ったことなかったが、iPhoneユーザーだったのでMacにもすぐ慣れると思った
・Windowsの表示問題は外部モニターを接続することである程度解決できると思った
・データの文字化けなどはソフトを使えば何とかなると思った

ミーハーな理由も含まれていますが。笑

結果的にMacを買ってどうだったかというと、

  • 憧れのMacが持てて満足♡
  • Macの操作にはすぐに慣れた◎
  • クライアントとのデータのやりとりは無料ソフトや外部サービスなどを使って解決!
  • 外部モニターを別途購入して表示を確認&画面が大きくなるので作業効率アップ!

とMacにしてよかったなと思っています。

周りのWebデザイナーさんもMacを使っている方が多く、Windowsを使っていたけどMacに買い替えたという方もいます。私自身Macのパソコンを使っていて満足しているので、私の個人的なおすすめとしてはやはりMacですね♡

Webデザインにおすすめのパソコン

Webデザインに最低限必要なスペックとMacとWindowsのそれぞれのメリット・デメリットもわかれば、あとは条件にあったパソコンを探して購入するだけ!ただ、やっぱり自分でパソコンを選ぶのは不安…という方もいるでしょう。ここでは、そんな方のために私のおすすめのパソコンをご紹介したいと思います。

持ち運ぶならノートパソコン

パソコンには、デスクトップパソコンとノートパソコンがあります。デスクトップパソコンとは、会社によくあるタイプのパソコンで、モニターが大きく持ち運びができないタイプのパソコンです。ノートパソコンは、コンパクトで持ち運びができるタイプのパソコンで、カフェなどに持っていって作業することができます。家以外でも色んなところで作業がしたい!という方にはノートパソコンがおすすめです。

ディスプレイサイズは13インチ以上

ディスプレイサイズとは画面の大きさのこと。画面が大きいほうが作業がしやすいのは何となくイメージできますよね。ただ画面が大きくなってくるとパソコン本体の重量も重くなりますし、価格も上がります。

せっかくカフェでも作業ができるように持ち運びができるノートパソコンにしたのに、パソコンが重くて持ち運ぶのが辛い…となってしまっては悲しいですよね。特に女性の方はできるだけ荷物を軽くしたいものです。それにパソコンが大きすぎるとカバンに入らないことも。

そこでおすすめしたいのが、ノートパソコン自体はなるべく軽くてカバンにも入れられる13インチ前後のディスプレイサイズを選ぶことです。ちなみに13インチは、A4クリアファイルとほぼ同じ大きさです◎

ただ、13インチでは画面が小さくて作業ができない!というWebデザイナーさんが多いです。確かに13インチのノートパソコン一つでお仕事するのはちょっと効率が悪いかもしれません。そうなった時は、1万円ほどの外部モニターを買って、ノートパソコンのモニターと外部モニターと2つ使って作業すればいいのです。

外に持っていくときは軽くてコンパクト。でも家で作業するときは大画面に接続してストレスフリー♡というわけです。

これからWebデザインの勉強を始める方は、最初から外部モニターを買う必要はありません。お仕事を始めるタイミングや、ノートパソコンだけで作業するのがちょっと大変になってきたな、と思ったタイミングで買えば良いのです。モニターの価格はピンキリですが1万円前後で買えますよ◎

MacとWindowsそれぞれのおすすめパソコンをご紹介

では具体的にどのパソコンを購入すれば良いのか、MacとWindowsでそれぞれおすすめのパソコンをご紹介していきます。

MacBook Air

MacBook Air

MacBook Air

MacならMacBook Air。Webデザインのみであれば、ProでなくてもAirで十分です◎(私もMacBook Airを買いました♡)CPUは、以前はIntelのCore i〜を搭載しておりましたが、今ではApple自社開発のM1チップを搭載しております。

MacBook Airの基本スペック
  • CPU:8コア
  • GPU:7コア or 8コア
  • メモリ:8GB (16GBにカスタマイズ可)
  • ストレージ:256GB(512GB、1TB、2TBまでカスタマイズ可)
  • ディスプレイ:13インチ
  • 重量:1.29 kg

115,280円(税込)

GPUの違いと、メモリとストレージの容量をカスタマイズすることで価格が変わります。(GPUとは、3D映像関連の作業を行う人にはスペックが高い方が良いかもですが、Webデザインにおいては7コアで問題ないかと思います)

Webデザインに最低限必要なスペックにカスタマイズする金額がこのように変わります。

メモリを16GBにカスタマイズすると・・・137,280円(税込)
さらにストレージを512GBにカスタマイズすると・・・159,280円(税込)

一番低いスペックでも作業できないことはないですが、予算に合わせて必要なカスタマイズを検討してみてくださいね。

M1チップは2020年11月に発表されたばかりなので、最初は対応していないソフトやアプリも多く、ソフトが動かない…ということもあったようですが、今では各ソフトがM1チップに対応するようになって来ています。Webデザインで使うAdobe関連のソフトは対応完了しているものがほとんどなので、問題なく使えそうです。パソコンの性能としてはIntelのものより動作が早くなった!という口コミも見かけます。

私がMacBook Airを買ったのは2019年なので、その当時はIntelのCPUのものしかありませんでした。次パソコンを買い替えるときはM1チップ搭載のMacBook Airにしようと思っています◎

MacBook Air がおすすめな人

・10万円以上の予算がある方
・動画編集作業をする予定がない方
・Webデザインをするためにパソコンが欲しい方
・お家以外でもカフェなどでパソコン作業したい方

動画編集までやっていきたい!という方はMacBook Proがおすすめです。

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 350i

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 350i

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 350i

こちらのパソコンもスペックによって値段が異なります。

Webデザインに必要な最低限のスペック
  • CPU:Core i5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB
  • ディスプレイ:14インチ
  • 重量:1.5 kg

58,102円(税込)

さらにスペックを上げたのがこちら
  • CPU:Core i7
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:512GB
  • ディスプレイ:14インチ
  • 重量:1.5 kg

72,188円(税込)

※価格変動あり

Windowsで選ぶなら、コスパ最強のLenovoがおすすめです。Core i5、ストレージ256GBの一番低いスペックで6万円以下!Core i7にして、ストレージを512GBに上げても7万円台で買えます。

IdeaPad Slim がおすすめな人

・パソコンを買うための予算を抑えたい方
・中古パソコンでは不安な方

パソコンを安く購入する方法

おすすめのパソコンをご紹介させていただきましたが、これらのパソコンを少しでも安く購入する方法があるのでご紹介します。

  1. ショッピングサイトで購入しポイント還元
  2. 中古のパソコンを買う

それぞれ詳しくみていきましょう。

ショッピングサイトで購入しポイント還元

パソコンは電化製品屋さんなどの店頭でも購入できますし、ネットで購入することもできます。パソコンに詳しくない方だと、なんとなくネットでパソコンを買うことに不安があったり、抵抗がある方もいるかもしれません。欲しいパソコンとスペックさえわかっていれば、むしろ店頭に足を運ぶことなくネットで簡単に買うことができ、後日自宅にパソコンが送られてくるのでとっても楽ですよ◎

Macは公式サイトで買うこともできますが、ポイント還元などはなく、他より安く買えるということはありません。

ただし、Mac公式サイトで買うことのメリットもあります。

  • 公式だから安心して購入できる
  • Appleショッピングローンで金利0%で分割払いできる
  • スペックのカスタマイズができる
  • 到着から14日以内なら開封済みでも返品可能

パソコンをアマゾンなどのショッピングサイトで購入すればポイント還元を受けることができます◎Macの場合公式サイト以外だとスペックのカスタマイズが基本的にできないため、希望するスペックのパソコンがないことがあります。Macの購入を検討している方は、これらのメリットデメリットを理解した上でどこで購入するか検討すると良いでしょう。Windowsのパソコンを検討している方は、迷わずポイント還元が受けられるサイトで購入することをおすすめします◎パソコンが購入できてポイント還元もあるサイトをいくつかご紹介します。

アマゾン

アマゾン
Amazon

ビックカメラ

ビックカメラ
ビックカメラ

ちなみに私はビックカメラ.comで購入しました!

ヨドバシ

ヨドバシカメラ
ヨドバシ

その他楽天市場など

楽天市場やYahoo!ショッピングなどでもパソコンを購入することはできます。ただし、これらのサイトは多数の販売店がそれぞれ出品しているため、新品のものだけでなく中古のパソコンも販売されています。また、販売店ごとに対応も異なるため、信頼できる店舗なのか?を気にする必要があります。新品か中古かをしっかり確認し、購入してからどのくらいで発送してくれるのか、また口コミが載っていれば合わせてチェックしつつ、慎重に購入をしましょう。

中古パソコンを買う

新品のパソコンを買えるほどのお金が用意できていない…
Webデザインの勉強はしてみたいけど、将来Webの仕事をするかはわからないし…

という方は、中古でパソコンを購入することを検討してみても良いと思います。メルカリなどのフリマアプリでも中古のパソコンを見つけることができますし、価格交渉をすればかなり安く手に入れることができます。ただし、やはりこれにもデメリットはあり、個人間でのやりとりになるためそもそもの品質に不安がありますよね。ある程度パソコンの知識がないと、せっかく1万円と爆安でパソコンを買えたのに、いざ使ってみたら全然使い物にならなかった…ということが起こり得ます。

そこで、品質の良い中古パソコンをなるべく安く購入したいという方に次の方法がおすすめです。

Apple認定整備済製品から購入する

Apple認定整備済製品
Mac認定整備済製品

Apple認定整備済製品

Apple認定整備済製品とは、「Apple認定の整備プロセスを経て品質が保証された新品同様の製品」のことで、1年間の製品保証が付いています。新品のMacBookを買うより安く購入することができるのです。ただし、その時々で売られているものは異なるのと、希望するスペックのものがないことももちろんあります。Macの購入を検討されている方は一度Apple認定整備済製品を覗いてみて、希望するスペックのパソコンがあるか確認しておくと良いですね◎

【まとめ】必要なパソコンを把握してなるべくお得に手に入れよう!

いかがでしたでしょうか?

かなり内容モリモリになってしまいましたので、改めておさらいしたいと思います。

・Webデザインに最低限必要なスペックを把握する
・CPU : インテル Core i5以上 または M1チップ
・メモリ : 8GB以上 (おすすめは16GB)
・ストレージ : 250GB以上
・MacとWindowsどちらでも良いがデザイナーはMac率高め
・持ち運びたいならノートパソコンの13インチ
・ポイント還元でお得に購入

これからのWebデザインライフを共にする相棒となるパソコン。あなたにとってお気に入りのものが買えますように♡

よかったらシェアしてね!
目次